バトルフィールド Play4Free

バトルフィールド Play4Free

バトルフィールド Play4Freeのイメージバナー

『バトルフィールド』シリーズでは、「バトルフィールド1942」、「バトルフィールド ヒーローズ」に続いて3作品目となる無料FPSです!通常のバトルフィールド系は、ゲームを購入してのプレイが基本ですが、本作はアイテム課金制となっており、誰でも無料で参戦することが可能です!広大なマップを舞台に、戦車、ハンビー、BTR、ヘリ、アパッチを乗りこなし味方の進軍を援護したり、戦略的な拠点の制圧をしたりと本格的な戦争が楽しめます。管理人の私も、現在スナイパーとして本作に参戦しています!

ゲームの詳細はこちら!
↓↓↓
バトルフィールド Play4Free
バトルフィールド Play4FreeのSSその1 バトルフィールド Play4FreeのSSその2 バトルフィールド Play4FreeのSSその3

バトルフィールド Play4Freeの概要
基本料金無料でプレイ可能なバトルフィールドシリーズです。開発元はEA DICE(Digital Illusions CE)の中に設けられたEasy Studio。ゲームエンジンは「Refractor 2 Engine」でBF2やBF2142と同じものを使用しています。

ベースとしているのはバトルフィールド2のようで、現代戦を舞台としカルカンドやオマーン等お馴染みのマップが用意されており、拠点の位置や登場する兵器などが一部変更されて簡略化されています。

プレイヤーはUS軍、またはRU軍に分かれ、最大32人がゲームに参加してオンラインの対戦プレイが可能で、ゲームのルールは現在「ASSAULT」のみ。昨今の作品に倣い、kill表示からスコア表示になっている。レベル(ランク)の概念があり、レベルアップすることでトレーニングの各種スキルを習得するために必要なポイントを入手することができます。

ゲーム内通貨が存在し、リアルマネーを払い入手する「BattleFunds」や、ゲームをプレイして敵を倒したり勝利することで貯まる「Credit」があり、それぞれ武器や服装の購入に利用できます。

オンライン対戦
マップ内の陣地を争って闘うゲームモードで、敵より多く陣地を制圧し続ける事でチームポイントが加算されていき、先にポイントが1000に達した陣営の勝利となります。

ゲーム開始時はマップ内の各陣地は中立状態になっていて、その陣地にある旗の一定範囲内に留まることで陣地を制圧できます。この範囲内に敵兵がいると制圧速度が減少し、自軍兵士と敵兵が同数の場合は制圧ゲージは全く動かなくなります。 制圧された陣地は自軍のリスポーン地点となり、車両などが配置されます。

尚、全ての陣地を制圧した・されたとしても終了にはなりません。敵の本拠地ベースへ侵入すると自動で死んでしまうので注意(ベースレイプ行為対策のため)

必須動作環境 推奨動作環境
OS WindowsXP/Vista/7
CPU Intel Pentium 4 1.7 GHz Intel Pentium 4 1.7 GHz
メモリ 512MB 1GB
グラフィックカード VRAN256 MB VRAN256 MB
HDD 1GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

© 2011 Electronic Arts Inc. All rights reserved.

ゲームの詳細はこちら!
↓↓↓
バトルフィールド Play4Free