FPSとTPSの違い

FPSとTPSの違い

よく混同されがちなのが、自分操作キャラクターの姿が見えるゲームは、「サードパーソン・シューティングゲーム(TPS:三人称視点)」と呼ばれます。

多少広義ではありますが、フライトシューティングゲーム内における主観視点での空中戦や、剣や魔法による主観型アクションロールプレイングゲームなどを含む、単なる一人称視点を指す言葉として用いられることがあります。

FPSゲームは、戦争ゲームなどで多く用いられるシステムの形態で、ゲームをよりリアルに表現でき、まるでプレイヤーがその戦場にいるかのような錯覚をさせる効果もあります。(主に戦争ゲーム類ではTPS等の三人称視点のものより、FPSが好まれます)