FPSのマナー

FPSのマナー

FPSのマナーについて

FPSのマナー

FPSのようなオンラインゲームでは他のプレイヤーもいますし、自分の行為で相手を不快にさせてしまうこともあります。

もちろん度が過ぎる迷惑行為を続ければ、ゲームからのキック、運営からのBAN、プレイヤー名・IDの晒し等をされてまともにゲームができなくなることもあります。

FPSのマナーというのは、そのゲームごとに線引きが曖昧でどこからが悪質プレイ、マナー違反となるのかは正直なところ判断しづらいです。

ここでは、「これを続けてると嫌われるよ」という行為について、管理人の独断と偏見入りの説明をしていきます。

チートやハック行為

これは当たり前ですね。そもそもFPSのほとんどでチートやハック行為は規約で禁止されています。

チート行為はゲームバランスが崩れますし、通常のプレイをしている人にも迷惑です。

そもそも、チートやハック行為をしても全然楽しくないと思います。FPSを遊ぼうとしてるのになぜチート行為をして荒らすのかがわかりません。運営からのBANもされますし、規約に反する行為はやめましょう。

このページのトップへ↑

チームキル(TK)

味方への攻撃が可能なハードコアモード等で、ゲーム中に故意に味方を倒す行為です。荒らし行為とみなされます。

FPSによってはチームキル防止のため、ダメージ反射仕様(味方を撃つと自分にダメージが返ってくる)を取り入れているゲームもあります。

人気・優良なFPSでは、チームキルへの対策がしっかりとしているところも多く、過失、誤射でのチームキルは許容範囲となっている高性能仕様なものもあります

仮に誤射して味方を倒してしまったら謝っておきましょう。

このページのトップへ↑

入室時、ゲーム終了時の挨拶

ゲームロビー入室時や戦闘終了後に、チャットで挨拶をしましょう。

必ずするべきということではありませんが、入室時に「よろー」「46(よろしく)」、戦闘終了時「おつー」「乙(お疲れ)」「gg(グッドゲーム)」など一言添えるだけでも雰囲気が違います。

面倒くさいって人は無理にする必要はありませんが、せっかくのオンラインゲームですので、軽いコミュニケーションくらいは取ってみても損はありません。

このページのトップへ↑