仲間と連携しよう

仲間と連携しよう

チームデスマッチ等の仲間がいる戦闘では、仲間との連携が結構大事になってきます。お互いにフォローできるような移動を心がけると、自分や仲間が攻撃された際にもすぐに対応できるでしょう。

「仲間の後をついていく」というコバンザメ戦法があります。

ついていく仲間の援護役のような感じで、敵へのアシスト攻撃をしたり後方を警戒したりと仲間に尽くす戦闘スタイルです。

この戦法は、仲間が倒されてしまったとしても敵の位置はある程度把握できているので反撃しやすいほか、2対1という有利な状態をつくりやすいのが特徴です。

2対1という状態は、敵の照準に迷いを生じさせるので、一方的に敵を倒せてしまうことが多いです。ただ、仲間の中にはこっそり敵の裏をとりにいくプレイヤーもいるので、そのような人についていくのはやめておきましょう。

「仲間のための動き、位置取り」をしてみましょう。FPSは基本チームデスマッチですが、フレンド等と遊ぶ場合以外はコンピュータが勝手に分けた即席チームでしかありません。このような場合は、連携なんか無視してみんな自分の好きなように動くはずです。

その考えを一度捨ててみましょう。

例えば、仲間がここにいるから自分は側面から回りこもう、裏を狙ってくる敵を警戒しておこう、突撃しようとしてる仲間がいるから先のポジションへスタングレネードを投げておこう、わざと発砲して敵の注意をこちらに向けよう・・・などなど、仲間のための行動が自然と上手な立ち回りになっているのです。