武器の特性と状況に応じた撃ち方の把握

武器の特性と状況に応じた撃ち方の把握

■武器の特性を知ろう
使っている武器の特性を知っておきましょう。アサルトライフル、サブマシンガン、スナイパーライフル、ショットガン・・・それぞれが得意とする状況があります。近距離専門のショットガンで広い場所で撃ちまくったりしたらイイ的ですよね。

アサルトライフルは中・遠距離、サブマシンガンは近・中距離、スナイパーライフルは中・遠距離、ショットガンは近距離で使うのがベストです。上手な人で突スナ(突撃スナイパー)してたりする例外もいますがw

そして武器ごとの特性があることも忘れてはいけません。威力は高いが命中率が低い銃だったり、逆に安定してるが威力が低い銃、一撃の威力は高いがボルトアクション、射程が短いなど銃によってメリット、デメリットが様々です。

武器の反動を計算して銃撃に合わせて照準を移動させる高等テクニックもありますが、まずはいろいろ使ってみて自分の動きに合う銃を使うといいでしょう。銃のデザインで決めるというスキモノもいますが。


■状況に応じて撃ち方を変える
まず銃をフルバーストで撃つのをやめてみましょう。フルバーストとは、銃を弾切れまで撃ち切ってしまうことです。フルバーストでの銃撃は命中率も下がりますし、数秒で1マガジン使ってしまいリロードを余儀なくされてしまいます。

近距離の場合は敵を倒すまでフルバーストで問題ありませんが、中・遠距離の場合は銃撃の反動で弾がばらけてしまいます。遠くにいる敵は、落ち着いてセミオート形式でパンパンと1発ずつしっかり狙ったほうが命中率も格段にあがります。3点バースト(3点撃ち)といった、数発撃って止める撃ち方もあります。